【第一印象】第一印象を決めているのは実は髪型【生活の魔法】

未分類

人の第一印象って、なんだと思いますか?服?化粧?話し方?いろんな本でいろんな事が書かれていて、何がいいのか?何に気を付けなくてはならないのかわからなくなっていませんか?

私はここで本当の答えを見つけました。

本当に簡単なことなのに、人はついつい気がつかない、

第一印象を決めるのは、

髪だってことに

スポンサーリンク

髪の大切さ。を思いしれ

まず、これを見ていただきましょう。

けいおんと言うアニメの女の子たちです。

髪型・色・長さで個性をつけています。これはアニメに限ったことでしょうか?

貴方は髪の長い女性と、短い女性、長い髪の男性、短い男性をパッと思い浮かべてください。

どのタイプが好みですか?

長い髪の女性が好き。短い髪の女性が好き。とか、それぞれフワッとしたイメージがあるかと思います。

髪の第一印象を崩すのは、ほぼ無理。

髪の第一印象を覆すのはほぼ無理です。どんなにロングの髪の毛をショーとにしても

「変わった」

「似合う」または「似合わない」であって、はじめてあったときの印象から変わるだけで覆すことはできない。

髪の毛の第一印象は、万民共通。

髪がサラサラストレートじゃないからダメなんだ・・・・ではない。ということは皆さんでもお分かりいただけますね。

なぜなら

サラサラストレートでもすべてが美人に見えるわけでもないですし

緩く巻いたウエーブできれいにしている人はそれなりに見えます。

どんな体型であっても、きちんと髪をまとめて、小綺麗にしてある人は仕事ができそうに見えます。

髪の質はそんなに問題になら無いということです。

第一印象にどう思われたいかを計算して髪型は決められる

何より利便性がいいのは、

どういう第一印象にしたいかを、ある程度自分のさじ加減で印象づけることができるからです。

例えば、仕事で出会う人には、「仕事ができそうに思われたい」「なめられたくない」という気持ちから、アップやポニーテールなどあまり揺れない髪型にするといいです。

耳を出すと清潔なイメージを持たれる場合が多いです。

恋愛やoffでの出会いでは、髪の毛を下ろして女の子っぽく見せたり、ピアスやイヤリング、ヘアーアレンジで自分の世界観を表現することで、相手に好意をもってもらったり、共通の話題が生まれたりします。

とにかく髪型は分かりやすい自己表現だということです。

女の子だけじゃない!髪型の自己表現!

今まで女の子の画像で紹介してきましたが、男性こそ髪型の印象について考えてほしいです。

髪を汚くしている男性は仕事の恋愛もあまりいい印象は持たれません。

特に男性は「印象の固定」というものを考えていただけるといいと思います。

たとえば、男性は髪の毛が短い人が多いですが、つい切りにいくのを忘れて伸びてしまって、切る前と切ったあとでは印象が変わってしまう。

男性同士というのは、興味が薄い分、毎日会う人以外は毎回第一印象に近い形での交流になります。

その度に髪型が変わってしまうと、印象に残りにくい。

ビジネスシーンでも友情関係でも毎回印象が変わらず安定感のある人は信用しやすい傾向があります。

男性こそヘアースタイルに投資をすべきなのです。

二ヶ月に以内に美容院にいくようにした旦那の成功例

私の旦那さんも今床屋に2ヶ月になら無いうちに行くようにしています。つまり8週間以内に行くようにしたということです。

利点が2つありました。

・職場の人の反応がよくなった。特に別会社の人や上司

・美容院を先に予約するので、一番行きやすい時間を取れるので、髪切ったあと買い物や趣味ができる

ということです。

髪型を固定した私の成功例

私は髪型を固定するようにしました。たとえば、アップスタイルならば、こういうアップの仕方をする、前髪の落とし方はこうと、自分が一番好きな髪型を決めることで、

化粧に使う時間が減りました。

洋服を選ぶ時間も減りました。

時短になるんですね。

第一印象は髪型という簡単なロジックお分かりいただけたでしょうか。

ここまで髪の毛で印象が決まっているという説を解いてきましたが、お分かりいただけたでしょうか。

髪形を決めることで自分のあり方や相手への見られ方を選ぶ。

ぜひ試してみてください。

自分で髪の毛アレンジするのはむずかしい

皆さんけっこうそういう悩みありますよね。たしかにむずかしいですが

ヘアーアレンジや美容院に勤めたりしたことの無い私ができる範囲で説明すると

ヘアーアレンジは、3種類あります。

・きっちり

・下ろし

・ゆるふわです。

ゆるふわに関しては、上級者がやるものなので私はできません。

きっちりと下ろしは髪の毛を結ぶ時の水分である。

下ろすにしても、結ぶにしても、髪の毛は水分があれば、落ち着きます。年を取って髪にボリュームがなくなってきたとしてもそれは一緒。

私はアップする事が多いのですが、髪を結ぶときに髪を少し濡らして結っています。下ろすときにも髪を濡らして、ケープです。

濡らした状態である程度まとまってくれるので楽です。



オイルも大事だし、トリートメントも大事なのはわかっているんですが、とりあえず余裕がなければ、ミストとケープさえあれば、どうにかなります。

前髪さえどうにかなればすべてのヘアは生かされる。

これは、美容院で切ってもらうときにちゃんと美容師さんと打合せできるかどうかにかかっています。

どういう前髪にしたいのか、流したいのか下ろしたいのか。決めて美容師さんに話ができれば、その通りにきってくれますし、やり方も教えてくれます。

自分の髪を見つけられたら、主人公として生きられる

自分に似合う髪・自分の性格や本質を表現できる髪型が決まったら、アニメの主人公が髪型が変わらないように、ぶれることなく、自分の人生を生きることができると思います。

それは人に安心感を与えて、そして、信頼をも与えてくれることでしょう。ぜひ、自分自身の髪型さがしてみてください。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
三キロ先の先行者をフォローする
心理学と時短家事で主婦は次のステージへ