発達障害の姉ポジティブ化計画4旦那さんへのインタビュー

姉の話
スポンサーリンク

お正月姉の旦那さんとお話が出来たので、残しておく。

姉の旦那さんと姉は7才差で姉が22才のときに結婚した。私は17才だったわけなので、いまいちよくわからなかったが、

そこから色々あって、今17年以上あの大変な姉と一緒にいてくれている。

私「正直どう?」

夫「色々勘違いされる性質のある人だから、誰かが受け皿になってあげないといけないなって思ってる。」

私「そうなのよ、あの人には悪意はないのよ」

夫「ただ、自分の落とし場所はどこかなって思うときはある」

私「ありがとね。かといってうちの家族のせいではないと思うのだけどな・・・難しいけど。うちのははも父も必死にやって来たと思うよ。わたしは」

夫「自己肯定って意味ではもう少しあったかもしれないけど。0か100しかない人だから。そこそこが認められないんだよね。」

私「そこなんだよね。調べて作れば良いのに想像で作るし」

夫「お正月の料理とか、誉めてくれる人はいるんだけど、とにかく自分が認められないんだよね。」

私「いってんだけどね」

という感じで、とてもいい人なのです。

ただ姉の夫さん自身もその傾向がないわけじゃなくて、いろんな仕事を転々としているし、動くのが遅かったり・・・ちょっと人をイライラさせる傾向にはあるのですが

それでも姉は夫さんと出会い、ひとつの家庭を持ったことが本当にプラスだと思います。

受け入れてくれる旦那さんと興味があって色々見ている私

とりあえず金がない訳じゃない実家

好いてはくれないけど必要としてくれる義理の実家

(義理の実家を生活保護受ける手続き間で持っていったのは姉の成果だと思うよ!!)

があることでだいぶありがたいと思うんだけど、

彼女は恵まれている発達障害だと思います。

ん・・・?

ちょっとまって?

よく考えるとかの徐にはこの環境楽園じゃない?

働かなくても金持ってきてくれる旦那がいて、人に会わなくてもどうにかなって

たまに絶対嫌いにならな良いも意図が遊びに連れてってくれて・・・・

・・・・・

・・・・・・

えーーーーーーー。

姉の立場で考えた結果一番嫌な答えが出たな・・・・

姉の世界はこれで完璧だし、姉の娘が発達障害なのも、デイサービスいってるのも結果的に回りには心配してもらえるし、手伝ってもらえるし・・・・完璧じゃないか。

これが下手に働けたり、性格よくなってみろ・・社会にでなきゃいけない。

彼女の完璧な世界は、私や姉の旦那さんの胃の痛みでできているということだ。

あー・・・・そうか。

この前かいた通り姉は「相手の苦労を気づかないことで完璧な世界に生きているのか。」

・・・・・私は私の完璧な世界を作る!!

姉に右往左往されない!!

お金稼ぐし海外旅行生きたいし、めっちゃ金持ちになりたいし、船旅行したいし!知識と時間を資源化したいし、宇宙コロニー時代まで引っ張りあげたいし、

あーーーーーーー

もーーーーーーーー

なんか!!!

えーーーーー!!!!!

姉が自分自身のこと好きになれるように色々進めて生きてきたのにこれかよ!!!

姉の旦那さんだってATMかよ!!!

ひでーな!!

でも悪意はないんだよあの人!!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
姉の話
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
三キロ先の先行者をフォローする
スポンサーリンク
心理学と時短家事で主婦は次のステージへ