パニック障害への5つの対処法

精神障害
スポンサーリンク

パニック障害とは

パニック発作・予期不安・広場恐怖を三大症状とする病気です。100人に1人が発祥すると言われています。

パニック発作は突然の恐怖や強い不安に襲われて、動機やめまい過呼吸などが現れます。

予期不安は何か心配事や不安があるとき、または突然不安なことを思い出して「不安」や「緊張」に心を支配されてしまうことです。これは脅迫性障害やPTSDなどとも多くの共通点のある症状です。

広場恐怖は、公共機関や公共機関、広い場所などに恐怖を感じ、6ヶ月以上避けているまたは、緊張して過ごしている状態のことを言います。

パニック障害はどんな症状

突然訪れる恐怖によって、動悸がしたりめまいがしたり、過呼吸や呼吸困難に陥ります。突然不安に陥ることはみんながあることでも、実際呼吸や心拍に異常をきたしてしまうことはなかなかありません。

ビックリするし死んでしまうかもしれない恐怖で、なかなか外に出ていけなくなり、鬱やPTSDなどの合併症になってしてしまうことがあります。

原因

パニック障害のメカニズムは完全に解明されていません。

引き金になるものとして、過労や睡眠不足、ストレスなどと言われていますが、ストレスという言葉で括ってしまうのは危険だと思います。

誰にでも突然襲ってくる可能性がある病気だと思っています。

診断

診断されるまでにも過程があります。まず突然、動悸や過呼吸が起こった場合、病気だと思い家で休むか、内科の受診をすると思います。

検査をしても原因がわからないので、悩んだ末に精神科を受診して問診の末に診断されます。

精神科に診断に行くまでに疲れきって鬱にまで合併症を起こしてしまっている場合が多いのが現実です。

早くパニック障害と診断されるには

パニック障害を治すには早く診断されること、鬱になる前に自分の異変に気づくことが大切です。まずパニック障害という言葉を知らなくては、自分の可能性について気づいてあげられません。

対処法の前に

パニック障害を起こしたときに、突然の動悸や、呼吸困難、過呼吸など起こして死んでしまうかとビックリするかもしれません。

パニック障害で死にません。

パニック障害を起こすことで、鬱や脅迫性障害を起こしてしまうことで重病化します。もし不安が今ある方は、早く精神科への受診を受けてください

対処法

1パニック障害について調べる。

パニック障害について調べ同じ症状の人がいるということを知るだけでもだいぶ安心することができます。アメーバブログで漫画エッセイでパニック障害のエッセイをかいてくれている人もいるので調べてみてください。少ない人数の病気ではないです、そして治すことができます。

2みんな結構優しいと信じる。

実は、過呼吸に対する対策をとることができる人は結構います。ペーパーバック法は今は否定されていますが、ペーパーバック法の認知度も日本はかなり高いのです。

呼吸を整える方法も皆知っています。なぜならみんな呼吸をしているからです。心を落ち着ける方法をみんな知っています。なぜなら皆、心を落ち着かせるように生きているからです。人が多いところで呼吸困難を起こしても、動悸やめまいを起こしても、貴方が起こした発作を受け止めるくらいの度量は、実はみんな持っています。

安心して発作を起こしてください。

3気をまぎらわす

自分がパニック障害を起こしていると気づければ、気をまぎらわすことができます。気をまぎらわす方法はそれぞれあると思います。私の友人は、指でもいいから、意識的に体を動かしているそうです。ついでに金縛りにも効果があるそうです。

4逃げる

場所に原因があったり、その場に原因があることも多くあります。逃げてください。どうしても行かなければならない場所などありません。いきたくなければ断ればいいのです。

5許す

パニック障害を起こしてもいいと許してあげてください。始め述べたように、急な不安や動悸や呼吸困難になりそうな動揺は実は誰でもいつでもあります。あなただけではありません。貴方のパニックがちょっとやんちゃなだけです。パニックちゃんとでも名付けて、許してあげましょう。

風が吹くのに怒る人がいないように、過ぎるのを待ちましょう。

パニック障害の5つの対処法

もし貴方が「もしかしたら」と思っていたり、周りの人が「そうかもしれない」状況にあるならば、一刻も早く病院にいってください。

パニック障害は薬と対処療法で多くの場合治すことができます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
精神障害
スポンサーリンク
PVアクセスランキング にほんブログ村
三キロ先の先行者をフォローする
スポンサーリンク
心理学と時短家事で主婦は次のステージへ